#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 失敗しない!家を高く売るコツ教えます

失敗しない!家を高く売るコツ教えます

  • 2022.10.10

「自宅を住み替えたい」「古くなった家を売りたい」など自宅の売却を考えた時、できるだけ高く早く売りたいですよね。
そのカギを握るのは「内見」なのです。
成約できるかできないかは「内見」で決まるといっても過言ではありません。
今回は、失敗しない!家を高く売るコツを解説します。

家を売るためにはどうしたらよいの?

・相場をチェック

不動産ポータルサイトなどで立地、広さ、築年数など似ている物件を参考に家の相場をチェックしましょう。

相場がわからないと不動産会社に査定を依頼しても、その査定額が本当に妥当なのか判断ができません。

 

・不動産会社に査定依頼

家の相場をチェックしたら不動産会社に査定依頼します。

不動産一括査定サービスなどを利用して必ず複数の不動産会社に依頼をしましょう。

そして査定額だけでなく、不動産会社の対応も比較してください。

得意エリアや売却の相談にのってもらえるかどうかなど信頼できる担当者かどうかも大事なポイントです。

 

・媒介契約

査定金額や不動産会社の対応から不動産会社を決め、媒介契約を結びます。

依頼する不動産会社によりサービスが異なるので、納得いくサービスが受けられる会社かどうか慎重に選びましょう。

(媒介契約)売主と不動産会社の取り交わす契約。専属専任媒介、専任媒介、一般媒介がある

(売買契約)売主と買主が条件で合意に至ったときに締結する契約

 

・売却活動

媒介契約を結ぶと、不動産会社がインターネットや店頭の広告などで販促活動を行います。

買主候補が現れると、部屋を内見します。

 

・売買契約

買主がみつかると宅地建物取引士による重要事項説明で契約条件を確認し契約を行います。

 

・引き渡し

代金の決済、所有権移転手続きなどが完了すると、売主から買主に物件を引き渡します。

 

・確定申告

家を引き渡した年は確定申告が必要です。

失敗しない!家を高く売るコツ

内見が重要な理由

買主候補は、インターネット広告などで立地や間取り、価格などをチェックし自分の希望と一致した場合、物件の内見をします。

内見に来る人は、あなたの家に興味を持ったからこそ来るのです。

内見に来たお客さまが、自分の理想通りかどうか、好印象を持つかどうかが物件購入を決めるポイントになります。

 

では理想の家とはどんな家でしょうか?

「明るい、広く感じる、清潔感があること」と多くの人は思うのではないしょうか。

この3点が内見で好印象を持ってもらうためのコツなのです。

 

失敗しない!内見の前の準備

・明るい

好印象のポイントは明るさです。

・窓はキレイに掃除すると家の中が明るくなります

・カーテンは全開にあけておく

・照明は全部つけておく(照明のシェードもキレイに掃除しましょう)

 

・広く感じる

物がゴチャゴチャしていると雑然としてお部屋が狭く感じてしまいます。

・家具はできるだけ少なめにスッキリと

・物は収納にしまう(特に玄関に靴や傘などの出しっぱなしはNG)

・雑貨はたくさん置かずにカラーを揃えるなどキレイにディスプレイする

 

・清潔感がある

掃除はいつもより念入りに、家の香りにも気を付けましょう

・家には独特の臭いがあるので換気・消臭を忘れずに

・床や玄関はできれば水拭きまでしましょう

・水回りはピカピカに念入りに(キッチンの油汚れ、浴室のカビや水垢などしっかり落とし、余計なものは片づけておきましょう)

・庭やバルコニーも忘れずに(草むしりや道具の整理整頓し、洗濯物は干さない)

 

居住中の家の場合、できるだけ物を減らして生活感を目立たなくすることがコツです。

 

失敗しない!内見応対のコツ

・ゆっくり落ち着いて内見してもらう

 内見者が自由に内見できる時間があると落ち着いて見ることができます。

 小さなお子様やペットがいる場合は外出するなど工夫しましょう。

 

・身だしなみも大切

 家だけでなく、売主の印象も大切です。

 清潔感のある身だしなみで笑顔での対応を心がけましょう

 

・アピールポイントをまとめておく

 家の魅力や住んでいて気に入っている点をまとめておきましょう

 浴室乾燥、床暖房など宅内設備

 買い物スポットや病院、公共説の情報

 治安や騒音などの環境など

押し付けがましくないようにさりげなく世間話の延長でアピールしましょう。

家を売るときの注意点

・不動産会社任せ

不動産会社に任せきりでは良い売却はできません。

内見はお客さまの反応がわかり物件のアピールもできるので、担当者にまかせるのではなくできるだけ立ち合いをしたほうが良いです。

なかなか売却ができない場合は不動産会社に状況確認や条件の見直しなどが必要です。

 

・リフォーム

古い物件の場合リフォームをしたほうが良いのではと思うかもしれませんが、古いままでできるだけ安く買いリノベーションをしたい買主もいます。

またリフォームをした費用分高く売れるとも限らないので、自己判断でリフォームをするのは注意が必要です。

 

・査定額≠手残り

査定額は手残りではありません。

査定額で売れても、仲介手数料、税金、引っ越し代など費用がかかります。

これらの費用は成約価格の約1割程度と言われています。

手残りがどのくらいになるか必ず確認しましょう。

 

・条件を決める

無理のない売却プランにするためにも条件を決めておくことが大切です。

売却金額(ローン完済できる金額など)

売る期間

その他条件(修繕なしで売りたいなど)

 

失敗しない!「家を高く売るコツ」についてお伝えしました。

家の売却の際、内見での印象が成約できるかできないかのカギなのです。

いつでも内見に対応できるように準備をして、好条件売却の参考になれば幸いです。

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP