#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 中古マンションの失敗しない選び方

中古マンションの失敗しない選び方

  • 2022.07.29

マンション購入をする場合、「新築にするか、中古にするか」悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
それぞれに長所がありますが、昨今、中古マンションのリノベーションに人気が高まっています。
今回は、中古マンションの失敗しない選び方について解説します。

新築マンションにはない中古マンションのメリット

新築のマンションは最新の設備が整い共用部なども充実していますが、その分費用が高くなってしまいます。

中古マンションは建物や設備は古いですが費用が安くなります。

しかし中古マンションのメリットは価格だけではありません。

実際に現地でお部屋を見ることができ、また費用が抑えられた分で自分らしい住まいにリノベーションをできるのもメリットです。

 

中古マンションのメリット

・新築より価格が安く、住みたい街を選べる

同じ広さや立地であれば新築マンションより価格は安くなります。

物件を選ぶ前に、どこの街に住みたいかという視点が大切です。

新築マンションはエリアも限られますが、中古マンションはエリアも間取りや築年数など物件数が多いので街も環境も自由に選ぶことができます。

 

・実際の物件を見ることができる

お部屋の日当たり風通りなど実際の環境を見ることができます。

またマンションの管理状況を見ることできるので、将来の管理がどうなるか確認ができます。

古くても管理状況が良ければ耐震改修などで性能の向上が図れますが、新築でも管理が悪いと劣化が早まりマンションの価値も損なわれます。

 

・リノベーションで自分らしい家にできる

価格をおさえた分、設備や内装にこだわり、自分らしいリノベーションができます。

実際の眺望や空間、日当たりや風通しなどを見ながら検討できるのが大きな魅力です。

中古マンションの注意点

・修繕費が高い?

マンションには定期的に大規模修繕が必要です。

建物は経年とともに老朽化するため築年数が古くなるほど修繕費が高くなるため修繕積立金が高くなります。

また、修繕積立金が低い、修繕積立金の滞納などがある物件はメンテナンスが悪い可能性があるので注意しましょう。

 

・耐震性が低い

新耐震基準(新耐震基準:震度67の対規模地震でも倒壊しない)がスタートしたのは、19816月です。

1981年以前の建物は旧耐震基準(旧耐震基準:震度5程度の地震で倒壊しない)でつくられているため、新耐震基準の物件に比べて震度6以上で倒壊する可能性が高くなります。

 

・設備がライフスタイルに合わない

キッチンやお風呂などの水廻りは、移り変わりが激しいためライフスタイルにあわないこともあります。

そして築古物件は断熱効果が低いため、壁や床に断熱材を入れたり内窓をつけるなどリノベーションをする必要がでてきます。

また築年古物件はガスや電気容量に限度があるため新しい設備を入れられないこともあるので自分の思い通りのリノベーションができない場合があるので注意が必要です。

建物の構造によっては希望通りの間取り変更ができない場合があるので事前に必ず確認しましょう。

 

・セキュリティ

最近の新しいマンションは、オートロック、各部屋のホームセキュリティ、ディンプルキー(複製しづらい鍵)などのセキュリティが充実しています。

築古物件はセキュリティが揃っているところは少ないのが現状です。

共有部であるエントランスは個人でオートロックを設置することはできません。

しかし常駐の管理人や住民同士のコミュニティがしっかりしているマンションであれば安心です。

 

・古いけど変えられない場所がある

一戸建てと違い、マンションは外壁やエントランスはもちろん、玄関のドアやバルコニーなど共用部は勝手に変えることはできません。

マンションによっては、水回りの移動が管理規約で禁止されているなど条件がある場合がありますので、必ず確認しましょう。

中古マンションの失敗しない選び方

・将来のライフスタイル

賃貸と違い、簡単に引っ越しはできません。

家族構成や自分のライフプランなどを考えて物件を選びましょう。

10年後、20年後などを見据えて、間取りや収納スペース、また学校や病院など周辺環境のチェックが必要です。

 

・管理状況

築古物件は、マンションの修繕が必要になり、その修繕費は入居者が負担しなければなりません。そのため設備の老朽化などが進んでいる場合はマンションの購入費以外の負担があるので管理状況は必ず確認しましょう。

(チェックポイント)

 ・長期修繕計画の内容(大規模修繕のための費用の積み立て)

 ・共有部の清掃状況

 ・ゴミ置き場や駐輪場のマナー

 

・隣人状況

見落としがちなのが隣人状況です。

マンションの場合、上下左右の部屋とは壁や床が接しているので、騒音問題などトラブルがあるかもしれません。

購入前に、前の居住者や管理組合にトラブルの履歴がないか確認しましょう。

 

・マンションの資産価値

将来、別の地域に住み替えする可能性を考えて、マンションの長期的な資産価値を意識しましょう。

資産価値の決め手は立地条件です。

駅徒歩圏内、急行電車の停車駅、人気の住みたい街エリアの物件であれば、売却や賃貸も可能です。

 

いかがでしょうか。

築年数に限らず、きちんと管理がされている物件であれば古くても良い状態を保ち、ヴィンテージマンションと呼ばれる人気物件もあります。

将来性も考え、中古マンションを選びましょう。

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP