#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 古い部屋でも設備をリノベして人気物件に

古い部屋でも設備をリノベして人気物件に

  • 2022.09.01

なかなか借り手がつかないマンションやアパートをお持ちで頭を悩ませているオーナー様も多いのではないでしょうか?
古い物件でも、魅力あるお部屋は賃料を下げずとも借り手は付きます。
借りる側にたって見た時、今のお部屋は魅力がありますか?
古い設備や、ひと昔前の間取りのままではないでしょうか?
入居者が借りるのをためらってしまう設備や間取りはリノベーションで変えて人気物件に生まれ変わりましょう!
ポイントや具体例をご紹介いたします。
ぜひ参考になさってください。

不人気な3点ユニットバスはどうする??

 

部屋探しをしているほとんどの方が「バス・トイレ別」を希望し、部屋選びの必須条件となっているといっても過言ではありません。

ひと昔前は、シングル向けの部屋では主流だったバス・トイレ・洗面台が一体の3点ユニットバスは、衛生面や使い勝手の悪さから今は敬遠されがちです。

 

広さに余裕があるなら、バスルームとトイレを分離させるのが理想です。

トイレをセパレートで設置する場合、1畳ほどのスペースが必要となるので、ワンルームや1DKのお部屋では、セパレート工事をすることで部屋が狭くなったり、収納が不足してしまうことがあるので、ある程度広さに余裕がある2DKなどの間取りにおススメです。

広さに余裕がないお部屋の場合でもできるリフォームがあります。

 

【バス・トイレ分離型のユニットバスにマルっと交換する】
3点ユニットバスを撤去して「バス・トイレ別のユニットバス」を入れ込む方法もあります。
バス・トイレはしっかりセパレートになりますが、いまの場所を活用するため浴槽が狭くなってしまうというデメリットがあります。

 

【浴槽をなくしてシャワールームにする】
若いシングル向けや学生向けの物件の場合、浴槽を撤去して分離型のシャワールームとトイレに変更するのもおススメです。
浴槽をなくせばコンパクトのなお部屋でも完全分離が叶います。

 

【潔くホテルライクなバスルームにする】
設置してある3点ユニットバスがまだまだ新しいもので、撤去するのはもったいない位キレイなら、そのまま活用する方法もあります。
木目調のシートを壁に貼り、スタイリッシュな大きな鏡を取りつけてホテルライクなバスルームに変身させましょう!

 

また、ファミリー向け物件の場合は追い炊き機能は必須です。

敬遠される古い設備は新しいものに変更する

建物は古くても、お部屋は暮らしやすい設備に整えましょう!
該当するものがあるお部屋ではありませんか??

 

【和式トイレ】
入居者が最も敬遠する設備です。
和式トイレは洋式トイレにすぐ変更しましょう。

 

【室内に洗濯機置き場がない】

洗濯機置き場がないと、ベランダや共有廊下に置くことになってしまいます。
セキュリティやプライバシー、騒音の観点からも洗濯機は室内に設置できるように給排水工事をしましょう。
また、ベランダがなかったり、十分なスペースがない場合、室内に洗濯物を干すスペースも必要です。
特に女性は外に洗濯物を干したくないという方も多く、室内干しユニットが設置されていると大変喜ばれます。
使わないときは収納ができるので部屋をスッキリ使うことができます。

 

 

【和室・カーペット敷きの部屋】

和室も敬遠されがちですが、縁のない琉球畳などを選べばモダンな空間になります。
絨毯、カーペットも昔は一般的でしたが、ダニやハウスダストの原因となるため人気がありません。
オシャレで衛生的なフローリングやクッションフロア、フロアタイルなどに張り替えましょう。
昔ながらの砂壁も人気がありません。
珪藻土や漆喰に塗り替えると見た目がおしゃれになるだけでなく、消臭機能や調湿など機能面でもおススメです。

 

【キッチンの電気コイルコンロはIHコンロに変更】

電気コイル式コンロはIHコンロに変更し、できれば2口コンロにしましょう。

 

【管理が行き届いていない物件は敬遠される】

お部屋がいくらきれいでも、共有スペースが汚い、雑草が生えている、ごみが落ちているなど管理が行き届いていない物件は人気がありません。
管理会社への委託や、オーナー様自ら清掃を手行うなど、管理は大切です。

空室改善にはまず問題点を改善しよう

立地の改善はできませんが、人気の出る部屋にリノベーションで改善することが可能です。
空室が続くのはやはり部屋に問題があるからです。
入居者の立場になって原因を知り、問題点を改善していきましょう。

 

コンセントの位置や数は適当か?
キッチンは調理がしやすいか?
収納は少なすぎないか?
洗濯物を干すスペースはあるか?

 

入居者のターゲットを定め、合わせたコンセプトに基づいて優先順位をつけてみましょう。
物件は古くなればどんどん価値も下がり、新築に比べて見劣るだめ人気もなくなっていきます。

しかし、入居者の立場に立って「使いやすい」「オシャレ」などお部屋に新たな付加価値を付ければ、また新しい魅力をもって生まれ変わることができます。

 

長期的な空室にお悩みでしたら、家賃とのバランスを鑑みて、新しい人気の設備に交換するリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP