#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • シックハウス症候群になりやすい家とは

シックハウス症候群になりやすい家とは

  • 2022.09.15

近年の住宅は、隙間を減らし密閉性を高めているので家の中の温度差がなくなっています。
そのためヒートショックなどのリスクを軽減できますが、住宅の高気密化は空気の自然な入れ替えが少ないため、空気がこもってしまうので頭痛や湿疹などシックハウス症候群の原因になる恐れもあります。
今回は、住宅の高気密化とシックハウス症候群についてまとめました。

シックハウス症候群とは

家の汚染された空気を吸うことにより体調不良を引き起こすことを「シックハウス症候群」と言います。

家にいると目がチカチカしたり喉が乾燥したり痛いのに、外に出ると調子が良くなるということはありませんか?

 

シックハウス症候群は、建具や家具などに含まれる化学物質が発散するガスが原因で発症します。

症状は、頭痛やめまい、全身倦怠感、のどの痛み、湿疹などさまざまです。

原因不明の皮膚疾患や体調不良が続く場合、もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。

 

原因

・建材に含まれる化学物質

合板、壁紙の接着剤・・ホルムアルデヒド

防カビ材・・アセトアルデヒド

内装材、塗料・・トルエン、キシレン、エチルベンゼン

 

・防虫剤など

防虫剤、消臭剤・・パラジクロロベンゼン

殺虫剤・・・ダイアジノン

 

・ダニ、カビ

ダニの死骸やフン、カビの胞子によってもシックハウス症候群が発症することもあります。

 

主な症状

目  チカチカする 涙がでる

鼻  鼻水がとまらない 乾燥 刺激感 

喉  喉の乾燥 咳・痰

肌  湿疹 カサカサ 蕁麻疹

 

シックハウス症候群の症状は、同じ家で暮らしている家族でも体質や生活スタイルの違いによって、まったく影響を受けない人もいれば敏感に反応してしまう人もいます。

住宅の高気密化はシックハウス症候群になりやすいの?

昔の家は、隙間が多く気密性も低く空気が流れやすい間取りになっていましたが、近年の家は高気密になっています。

そのため、空気の流れが少なくなりシックハウス症候群の原因である化学物質やダニ、カビが蓄積しやすい環境になっています。

そしてエアコンの利用により窓を開けて換気をすることも少ないため、ますます空気の流れが起きにくい状況になっているのです。

住宅の高気密化が進むとともにシックハウス症候群にたいして対策が見直され、平成15年に建築基準法改正がされました。そしてシックハウス症候群の原因となる化学物質の使用制限や「24時間換気システム」が義務化されました。

 

24時間換気システムとは

改正建築基準法で義務図けられている24時間換気システムとは1時間あたりに室内の空気の半分以上が入れ替わることを指しています。

24時間換気システムちゃん使っていますか?

住宅の高気密化により、空気が家の中にこもってしまうとシックハウス症候群を引き起こす原因になる恐れがあります。

 

家の中の空気を循環させるように換気するのが24時間換気システムです。

「換気」というとキッチンや浴室などにある「換気扇」を想像する方いるのではないでしょうか。

24時間換気は、「常時換気」のためゆっくり時間をかけて換気していますが、換気扇は「局所換気」のため換気する力は強いですが範囲はせまく短時間で回りの空気を入れ替えるため用途が違います。

 

【24時間換気システムの仕組み】

空気を外から取り入れる「給気」と空気を室内から外へ排出する「排気」を、自然換気・機械換気の組み合わせにより3つの換気方式に分けられます。

 

第1種換気方式

機械で給気と排気するので、換気効果が高いが高コスト。外気を室内の温度に近づけて取り込めるので北海道など寒冷地で使用されることが多い。

 

第2種換気方式

給気を機械、排気を自然にする方式。常に新鮮な空気が入ってくるのでクリーンルームや病院の手術室などで使用。

 

第3種換気方式

給気を自然、排気を機械にする方式。低コストだが冬の寒さ暑さなど外気の影響を受けやすい。すべての部屋に給気口が必要なのが特徴。設置コストも安価なため一般住宅で使用。

 

 

24時間換気システムの効果

家の中の空気を循環させるように換気するのが24時間換気システムです。

・シックハウス症候群対策

シックハウス症候群の予防は換気がポイントです。

シックハウス症候群の原因である化学物質やダニ、カビを蓄積させないために24時間換気は有効です。

 

・不快なにおいの除去

空気がこもっている部屋は臭いもきになりますが、24時間換気は空気を循環させているため不快な臭いを除去します。

 

・カビ、結露防止

カビや結露は室内の湿度が高く空気の流れが悪いと発生しやすくなります。

24時間換気は、空気の流れをつくり湿気を外に逃しカビや結露の発生を防止します。

 

24時間換気システムは毎日24時間稼働させましょう。

毎日24時間稼動させることにより、住宅に使われている木材・鉄骨材の腐食やサビの防止になり、住宅の耐久性の維持にもなります。

 

24時間換気システムを使い続けるためには、定期的な掃除も必要です。

フィルターや吸気口がホコリなどで汚れていては逆効果になってしまいます。

しっかりメンテナンスをしてキレイな空気を保ちましょう。

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP