#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 中古マンションのリノベーション、費用はいくらかかるの?

中古マンションのリノベーション、費用はいくらかかるの?

  • 2022.10.24

中古マンションを購入して、自分の理想の空間にリノベーションする人が増えています。
しかし、中古マンションだから新築よりも安くすむと思っていたのに想定外に費用がかかり「こんなはずじゃなかった」と後悔する人もいるようです。

中古マンションをリノベーションするにはいったい費用はいくらかかるのでしょうか?
自分の理想の空間にリノベーションするためには費用がどのくらいかかるか不安になりますよね。
今回はリノベーション費用の目安、費用をおさえるコツをご紹介します。

中古マンションのリノベーションが人気な理由

中古マンションのリノベーションが人気な理由として、新築マンションよりも価格が安いという点です。

同じような立地条件であれば、一般的に新築マンションよりも中古マンションのほうが安く、築年数が古くなるほど価格は低くなる傾向があります。

 

価格以外の人気な理由として、自分の理想の家が手に入るという点です。

新築マンションのオプションプランなどで床や建具の色を選ぶことはできますが制限があります。

リノベーションは、自由度が高いので間取りや内装の変更で自分の理想通りの住まいにすることができます。

注意!リノベーションはどこまでできるの?

マンションのリノベーションは専有部のみです。

また専用部でも制約がある場合もあるので注意が必要です。

 

共用部

共用部とは窓や玄関扉、バルコニーなどはリノベーションができません。

窓のサッシや玄関扉を変えることはできないので注意が必要です。

築古マンションで断熱効果が悪い場合、サッシの交換はできないため内窓などで対応することになります。

必ず事前に管理会社に確認しましょう。

 

水まわりの配置変更

水まわりの配置変更は配管の関係で制約される場合があります。

マンションには給排水管などが通っているPS(パイプスペース)があり、水の流れをよくするためにPSのまわりに水まわりを配置します。

PSから水まわりが離れる場合は、水が流れやすいように勾配が必要なため床に段差がでてしまうことがあります。

またキッチンは排気口の位置にも注意しなければなりません。

レンジフードの設置場所が排気口から離れているとダクトの配置が必要になります。

このため、水まわりに配置の変更はコストアップにつながるので、物件選びの際にしっかり考慮しましょう。

 

間取りの変更

壁を取り払ってリビングルームを広くするなど間取り変更をしたくても構造によってはできない場合があります。

壁で建物を支える壁式構造のマンションの場合は、専用部であっても壁を取り払うことをできないので、事前にマンションの構造も確認しましょう。

また天井の駆体現しは天井が高く見えて人気ですが、最上階のお部屋の場合天井裏に断熱材が施工されているためできない場合があります。

 

マンションのルールも注意が必要

マンションによってはリノベーションに難色を示すところもあります。

リノベーションは可能でもフローリングは禁止などルールがある場合もあります。

リノベーションが前提の場合は、必ず購入前に重要事項説明書や管理規約を確認しましょう。

中古マンションのリノベーション費用はいくらかかるの?

「リノベーション」とは機能の改善やデザインの刷新など新たに価値を与えることです。

表層リノベーションとスケルトンリノベーションの2種類があります。

 

表層リノベーション

内装デザインや設備交換など見える箇所のみをリノベーションする方法。

配管や断熱材など見えないところは改修しません。

 

スケルトンリノベーション

内装などすべて撤去し古くなった配管や断熱材の交換など見えない場所も含めて自由にリノベーションする方法。

 

ちなみに「リフォーム」は古くなった家の設備をもとの状態にすることです。

 

リノベーション費用の主な項目

部屋の平米数

部屋が広いと使用する資材の量が多く、作業時間も多くなるのでリノベーション費用は高くなります。

 

水まわりの配置

水まわりの配置を変更すると配管を伸ばし床下配管に傾斜をつけるためリノベーション費用が高くなります。

 

壁・床の素材

壁や床は面積が広いため素材単価によりリノベーション費用が変わってきます。

無垢素材のフローリング材をつかいたいなど、自然素材にこだわるとリノベーション費用は高くなる可能性があります。

 

キッチン

シンプルなキッチンから、水栓にまでこだわり高品質で高性能なシステムキッチンなど、キッチンはメーカーやグレードの違いによって費用に幅があるので差がでやすい項目です。

 

洗面所・お風呂

ユニットバスやユニット洗面所を使うか、造作するかにより費用に差がでます。

造作の場合、部材を一から作成するため作業日数もかかるため費用がかかります。

 

造作家具・建具

既製品ではなく造作で家具や建具をつくると職人の作業が増えるため費用がかかります

リノベーションの費用は、リノベーションをするマンションの広さと内容によって違います。70 ㎡のマンションをリノベーションした場合、表層リノベーションの場合は約350~450万円、スケルトンリノベーションの場合は750~1500万円と幅があります。

理想のリノベーションイメージに優先順位をつけ費用とのバランスをとりましょう。

 

リノベーションの費用は物件の広さや、内容により違ってきます。

同じプランでも施工会社によって費用が違う場合もあるので必ず複数の会社で見積もりをとり、内容を確認しましょう。

 

 

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP