#3

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 家を買う前に知っておきたい5つの重要なポイント

家を買う前に知っておきたい5つの重要なポイント

  • 2023.04.20

家を買うと決断したとき、何に注意したらよいのでしょうか。
人生で一番大きな買い物なので失敗したくないですよね。
マンションか戸建てか、新築か中古どちらが良いのか、資金やライフスタイルなどについて、家を買う前に知っておきたい5つの重要なポイントについてまとめました。

予算の明確化

自分がいくらまでの価格帯で物件を探すことができるかを、あらかじめ明確にすることが大切です。頭金や毎月の返済額なども含めた全体的な予算を把握することで、自分に合った物件を見つけることができます。

 

自己資金の確認

不動産を購入する際には、自己資金の準備が必要です。自己資金には、物件価格の一定割合の頭金や、諸費用などが含まれます。自己資金の準備ができているか、または何らかの方法で調達できるかを確認しましょう。

 

住宅ローンの利用

物件を購入する際には、住宅ローンを利用する場合があります。住宅ローンの返済額を計算し、自分の返済能力に合わせたローン額を決めましょう。

 

資金計画の立て方

物件購入の際には、資金計画を立てることが大切です。将来的にどのような収支が予想されるか、また将来的に予想される支出や生活費なども考慮して、返済可能なローン額を決めましょう。

 

物件価格の比較

物件選びの際には、同じエリアで同様の条件の物件を比較することが重要です。物件価格の相場を調べ、自分の予算内で買える物件を選びましょう。

 

物件を購入する際には、自分に合った予算計画を立てて判断をすることが大切です。

物件の立地・環境

物件を選ぶ際には、立地や環境は非常に重要なポイントです。以下に、物件選びのポイントとして考慮すべき立地や環境についていくつか紹介します。

 

交通アクセス

物件の交通アクセスが良いかどうかは、日常生活に大きな影響を与えます。最寄り駅やバス停までの距離やアクセスの良さ、周辺道路の交通量や渋滞状況などを確認しましょう。

 

生活環境

周辺環境は、住む上で快適な生活を送るために重要な要素です。近隣にスーパーやコンビニ、病院、学校などがあるかどうか、また、犯罪発生率が低いかどうかなどを確認しましょう。

 

自然環境

自然環境も大切なポイントの一つです。物件周辺に公園や緑地帯、山や海があるかどうか、また、騒音や大気汚染が少ないかどうかなどを確認しましょう。

 

防災性能

地震や台風などの自然災害に備えて、物件の防災性能を確認することも大切です。建物の耐震性や避難経路、防災設備などを確認しましょう。

 

日照や眺望

物件の日照や眺望は、生活の質を左右する大切なポイントです。窓からの光や景色が良いかどうか、また、日当たりが良いかどうかなどを確認しましょう。

 

自分が求めるライフスタイルや生活環境をイメージしながら、物件選びをすると良いでしょう。

物件の状態の確認

物件を選ぶ際には、物件の状態も重要なポイントです。以下に、物件選びのポイントとして考慮すべき物件の状態についていくつか紹介します。

 

建物の築年数と管理状態

物件の築年数と管理状態は、将来的な維持費や修繕費用に大きく影響します。築年数が古い場合、建物の老朽化や設備の劣化が懸念されるため、管理状態や定期的な修繕履歴などを確認しましょう。

 

防音性能

物件の防音性能は、生活の質に大きく影響します。周辺の騒音や隣人の生活音が気になる場合は、壁や床、天井の厚さや防音材の有無などを確認しましょう。

 

通気性と湿気対策

物件の通気性と湿気対策は、健康的な生活に欠かせないポイントです。換気設備や窓の数、風通しの良さ、結露やカビの発生状況などを確認しましょう。

 

収納スペース

収納スペースが十分な物件は、生活を快適にするためにも重要なポイントです。クローゼットや収納棚の数や大きさ、収納スペースの配置などを確認しましょう。

 

バス・トイレの設備

バス・トイレの設備は、生活の質に大きく影響します。浴室やトイレの広さや設備、排水や水漏れなどを確認しましょう。

 

物件の状態を確認することで、将来的な維持や修繕にかかる費用を予測できます。自分の希望する生活スタイルに合った物件を選ぶために、物件の状態もしっかりと確認しましょう。

土地や建物の権利の確認

物件選びの際には、土地や建物の権利の確認も非常に重要です。以下に、物件選びのポイントとして考慮すべき土地や建物の権利についていくつか紹介します。

 

土地の権利

物件を購入する際には、土地の所有権や貸借契約の内容を確認することが必要です。土地には、所有権・借地権・地上権などの権利形態があります。また、土地の形状や面積、周辺の土地利用状況、地盤状況なども確認する必要があります。

 

建物の権利

建物の所有権や持分の割合、建物の構造や耐震性、境界線の位置などを確認することが必要です。また、建物についての固定資産税の支払い状況や建物の使用制限なども確認する必要があります。

 

現況確認

物件の状態を確認するために、現況確認が必要です。現況確認とは、物件が実際にどのような状態にあるかを確認することで、将来的な維持費用や修繕費用を予測できます。現況確認には、室内の状態や設備の使用状況、外壁や屋根の状態などを確認する必要があります。

 

建築基準法の確認

建築基準法に基づいた規制や届出などの法的手続きが必要な場合があります。建築基準法に違反している場合、購入後に法的な問題が生じることがありますので、確認しておくことが必要です。

 

土地や建物の権利に関する情報は、不動産会社や売主から提供されますので、必ず確認するようにしましょう。

諸費用の確認

物件を購入するために必要な諸費用(登記費用や手数料など)や、住宅ローンの手数料、保険料なども確認しておきましょう。これらの費用も予算の一部として考える必要があります。

 

仲介手数料

不動産会社との仲介契約を締結する場合、仲介手数料がかかります。一般的には、物件価格の3%〜4%程度が仲介手数料としてかかります。

 

登記費用

不動産を所有権移転する場合には、不動産登記が必要です。不動産登記には、登録免許税、登録手数料、印紙代などがかかります。

 

建物調査費用

物件の状態を調べるための建物調査を行う場合、調査費用がかかる場合があります。建物調査費用は、調査内容や調査業者によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円程度がかかることがあります。

 

融資手数料や保証料

住宅ローンを利用する場合、融資手数料や保証料がかかる場合があります。金融機関によって異なりますが、融資手数料は一般的には融資額の1%程度、保証料は融資額の0.5%程度がかかることがあります。

 

税金や保険料

不動産を所有することによって、固定資産税や火災保険料などの税金や保険料がかかる場合があります。これらの費用は、所有する物件の状況や地域によって異なります。

 

物件選びの際には、これらの費用も含めて総合的に判断し、予算や資金計画を立てることが大切です。

 

家を買う前に知っておきたい5つの重要なポイントを参考にして、自分にとって最適な物件を選びましょう。

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!
(Visited 1 times, 1 visits today)

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP