#3

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • 「先進的窓リノベ事業ってなに?」最大200万円のリフォーム補助金、対象条件や補助額を解説します

「先進的窓リノベ事業ってなに?」最大200万円のリフォーム補助金、対象条件や補助額を解説します

  • 2023.06.16

「先進的窓リノベ事業」をご存じでしょうか?
先進的窓リノベ事業とは、先進的な断熱性能の窓に交換するリフォームに対して、最大200万円のリフォーム補助金を支援する事業です。
所定の条件を満たした窓のリフォームに致して補助金は支給されるので、今回は対象条件や補助額などを解説します。
窓のリフォームを検討している方はぜひ参考にしてください。

先進的窓リノベ事業とは

先進的窓リノベ事業とは、先進的窓リノベ事業は、既存住宅における熱損失が大きい窓の断熱性能を高めることにより、下記の3つを目的とする日本政府の事業です。

・エネルギー価格高騰への対応(冷暖房費負担の軽減)

・2030年度の家庭部門からのCO2排出量約7割削減(2013年度比)への貢献、

・2050年ストック平均でZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保への貢献

先進的窓リノベ事業の対象条件

【対象者の条件】

・窓リノベ事業者と工事請負契約を締結し、窓のリフォーム工事をする

窓リノベ事業者は事務局に登録された施工業者等

 

・窓のリフォーム工事をする住宅の所有者であること

住宅を所有する個人またはその家族

住宅を所有し、賃貸に供する個人または法人

賃借人

集合住宅棟の管理組合・管理人

 

 

【対象となる住宅の条件】

・既存住宅であること

リフォーム工事の工事請負契約日時点において、建築から1年が経過した住宅または過去に人が居住した住宅(現に人が居住している住宅を含む)をいいます。​

 

 

【対象となるリフォーム】

・ガラス交換

既存窓のガラスのみを取り外し、既存サッシをそのまま利用して、複層ガラス等に交換する工事

 

・内装設置

既存窓の内側に新しい窓を新設する または 既存の内窓を取り除き、新しい内窓に交換する工事

 

・外窓交換

カバー工法

既存窓のガラスを取り外し、既存窓枠の上から新たな窓枠を覆い被せて取り付け、複層ガラス等に交換する工事​

はつり工法

既存窓のガラス及び窓枠を取り外し、新たな窓枠を取り付け、複層ガラス等に交換する工事​

 

注)一定の性能を満たすことが確認された「対象製品」を用いることが条件になります。

 

 

【注意ポイント】

・補助金額が5万円以上

補助額は、工事の内容、住宅の建て方、対象製品の性能とサイズにより異なります。

 

・対象にならないリフォーム工事

×補助事業に要する経費が補助額に満たない工事

×ドアを交換する工事​

×ドアの一部およびドアに付随する​欄間に取り付けられたガラスを交換する工事

×店舗併用住宅等の住宅以外の部分の窓・ガラスの工事

×住宅の所有者等が住宅設備を購入し、その取付を住宅事業者に依頼する工事

(いわゆる施主支給や材工分離による工事)

×リース設備の設置工事

×中古品を用いた工事

 

 

【対象期間】

工事請負契約日の期間

2022年11月8日(令和4年度補正予算閣議決定日) ~ 遅くとも2023年12月31日まで

※締切は予算上限​に応じて公表

 

着工日の期間

窓リノベ事業者における登録申請日以降

住宅省エネ2023キャンペーンの住宅省エネ支援事業者における登録申請日と同日

気になる補助金額は?1戸あたり最大200万円

工事内容に応じて定額 一戸当たりの上限200万円

補助金は、建物の建て方、窓のグレード・サイズによって決まります

 

・ガラス交換

(戸建・低層中層集合住宅)

4,000円~48,000円

 

・内装設置

(戸建・低層中層集合住宅)

30,000円~124,000円

 

・外窓交換 カバー工法

(戸建住宅・低層集合住宅)

51,000円~183,000円

(中高層集合住宅)

38,000円~221,000円

 

・外窓交換 はつり工法

(戸建住宅・低層集合住宅)

51,000円~183,000円

(中高層集合住宅)

52,000円~221,000円

先進的窓リノベの補助額は1戸あたり、5万円から最大200万円

同一住宅に複数回のリフォーム工事を行う場合も、補助上限額の範囲内で申請を行うことができます。

ただし、それぞれの申請ごとにすべての補助要件を満たす必要があります。

 

【注意ポイント】

他の補助金との併用

一つの窓・ガラスに対して重複して国の他の補助制度は受けることができません。

こどもエコすまい支援事業などは注意が必要です。

補助対象が重複していなければ併用は可能です。

また、地方公共団体の補助制度については、国費が充当されているものを除き併用可能です。

 

出典:国土交通省 先進的窓リノベ事業

 

いかがでしょうか?

「先進的窓リノベ事業」の制度を上手に活用して、地球環境を守るリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?

投稿者プロフィール

株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
株式会社イエスリフォーム 代表取締役 齋藤直樹
SNSも更新しています!ぜひご覧ください!
(Visited 1 times, 1 visits today)

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP