#3

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • リースバックの仕組みとは?何年住めるの?失敗しないための注意点

リースバックの仕組みとは?何年住めるの?失敗しないための注意点

  • 2024.05.20

リースバックというサービスをご存知ですか?
リースバックとは、自宅を売却して資金を得た後も、自宅に賃貸物件として住み続けることができるサービスです。
老後の資金や医療費のために資金が必要な方々にとって、大きな注目を集めています。
しかし、リースバックの仕組みや、何年住めるのかなどメリット・デメリットについて不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
今回は、リースバックの基本的な仕組みや、失敗しないための注意点を詳しく解説します。

リースバックとは

リースバックとは、自宅を売却したあと賃貸契約を結び、そのまま自宅に住み続けることができるサービスです。

不動産会社やファイナンス会社などリースバック事業者を通して、自宅の売却と賃貸契約をします。

自宅を活用して資金を得るサービスですが、契約内容には注意が必要です。

 

不動産担保ローンとの違い

不動産担保ローンは、自宅を担保として融資を受けるサービスです。

自宅に住み続けることはできますが、不動産担保ローンは融資なので毎月元本と利息を返済があり、返済できない場合は担保の自宅を処分し返済にあてます。

リースバックは、自宅を売却するので所有権がありません。

リースバック後は売却益で家賃を支払います。

 

 

 

リースバックが注目される理由

老後資金の確保

老後の資金に不安があるけど、住み慣れた自宅に住み続けたい

 

住宅ローンの返済

住宅ローンの返済が苦しいけど、自宅に住み続けたい

 

相続対策

不動産は資産です。そのため相続人同士でトラブルの可能性があります。

リースバックで不動産を現金化することで均等に相続が可能です。

 

リースバックは、主にまとまった資金が必要だが、引越しはしたくない場合に検討されています。

 

 

リースバックのメリット

売却後も住み続けることができる

通常の不動産売却と違い、リースバックは売却後もそのまま住み続けることができます。

引越し費用や手間がかからず、住み慣れた環境で安心して生活ができます。

 

維持管理費用がかからない

不動産の所有には、固定資産税や建物の修繕費用など維持管理費があります。

リースバックでは、賃貸契約になるので家賃と管理費の支払いのみとなります。

 

借金せず短期間で資金調達できる

一般的な不動産売却は、買主を探し様々な手続きに時間がかかりますが、リースバックでの不動産売却は、現金化まで時間がかかりません。

老後資金、医療費、学費など資金が必要な時に自由に活用できます。

 

ローンの返済

資金調達ができるので、ローンの早期完済につながりローン返済の不安から解放されます。

 

 

 

リースバックのデメリット

売却価格が安くなる

リースバックの売却価格は、リースバック業者が買取価格と家賃収入からどれだけの利益があるのか利回りが査定の基準になります。

そのため売却価格は市場価格より低くなる傾向があります。

また売却価格が高くても、家賃も高くなるのでかえって負担が増える場合があるので注意が必要です。

売却価格で判断するのではなく、売却後の家賃も考慮しましょう。

 

毎月家賃の支払いがある

リースバック後は、毎月家賃の支払いがあります。

家賃は売却価格などから決定されるので、相場よりも高い場合があります。

家賃が高いと家計の負担になるので、必ず複数のリースバック事業者に査定を依頼し比較検討しましょう。

 

ずっと住み続けられるとは限らない

賃貸契約書の条件によっては、ずっと住み続けることができません。

「定期借家契約」の場合、所定の賃貸期間が満了すると貸主が再契約を認めない場合、退居の必要があります。

長く住み続ける場合は、契約更新が可能な「普通賃貸借契約」のリースバック契約をしましょう。

 

買取価格がローン残債を下回る場合

リースバックは住宅ローンの完済が条件となるので、ローン完済ができない場合は利用できません。

 

 

リースバックで失敗しないための注意点

査定は複数の会社に依頼する

リースバックをする場合は、必ず複数の会社に査定を依頼しましょう。

会社により、売却金額や賃貸条件が異なります。

複数の会社に査定を依頼することで、適正な売却金額、適正な家賃設定かがわかります。

 

契約内容のよく確認する

売却金額、賃貸価格、契約期間など契約内容をよく確認しましょう。

特に、賃貸借契約の種類(定期借家契約・普通賃貸借契約)、入居条件など契約前にしっかり確認が必要です。

また、買い戻しの可能性がある場合は、特約があるかなどの確認も必要です。

 

いかがでしょうか。

自宅を手放すことを検討している場合、住環境を変えることがないリースバックを検討しみてると良いでしょう。

(Visited 2 times, 1 visits today)

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0004
東京都中央区東日本橋1-3-9 大内ビル1F/2F

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP