#4

TOPICS
コラム

  • TOP
  • コラム
  • リノベーション済み物件に住みたい!

リノベーション済み物件に住みたい!

  • 2021.11.24

中古物件の中でも、近年人気が高まっている“リノベーション物件”。

新築のようにきれい、かつ、流行りの間取やライフスタイルに合わせた間取りであるうえに新築住宅よりもお手ごろな価格で売り出されている物件も多く、中古物件の購入を検討している方の中には、リノベーション済み物件を狙っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、安心できるリノベーション物件を選ぶ際に参考となる内容をご紹介します。

リノベーション済み物件とは?

前の記事でもご紹介しましたが、リノベーションには、既にあるものに新しい価値を付け直すといった意味合いがあり、建築や住宅においては

“既存の建物を活かしながら手を加えることで建物/住宅の付加価値を高める”

という事になります。

 

そして、「リノベーション済み物件」とは、入居前に物件に改修工事を施し、使い勝手を良くしながらも今の時代に合ったデザインに生まれ変わらせて販売をしている物件の事を指します。

 

古くなって傷んだ状態を元に戻す役割が大きいリフォームが“マイナスからゼロに戻す”だとしたら、リノベーションについては“マイナスからプラスに、新たな価値を付け加える”といったイメージが分かりやすいかもしれません。

 

このように、ただ新しくするだけではなく【住む人や環境に合わせてプラスに転じさせるような改修工事を行った物件】がリノベーション済み物件です。

 

リノベーション済み物件によくある落とし穴

「リノベーション済み」と言われる物件でも、実際に改修を行った内容や範囲は物件によっても様々で、物件の築年数に応じて、今後も安心して住むことができるように考慮された内容で改修をしているかが大切なポイントです。

 

造作された壁や、クロスの表面から見ただけでは分からない、主に配管や構造部分についても適切なチェックと改修工事を行ったうえでリノベーション物件として販売している会社は実はそう多くはないと言われています。

 

実際に、リノベーション済み物件として売られている物件によくある大きな問題として、

 

<配管工事をしていないケース>

 

が圧倒的に多いようです。

 

中には、「快適・安全なリノベーション済み物件」としながらも、安全な暮らしに不可欠な給排水管の調査や改修を全く行わず、表面的に見える部分だけを新しくするリノベーションしか行っていない事があります。

 

リノベーション済みの物件を購入する際は、実際にどういった部分を「リノベーション」として工事したのかを【修繕履歴書】として提出をしてもらうことをおすすめします。

 

その際には、

~配管については必要に応じた工事を実施したのかどうか~

を確認し、もし行っていない場合は、

 

・不要と判断した理由

・今後、工事の必要性が出てくる可能性

・その際の費用の目安

 

などについても、物件購入後のランニングコストを見積もる上で大切なポイントです。

 

その他では、<耐震性>や<電気容量>についても要チェックポイントです。

 

<耐震性>については、1981年5月よりも前に建てられた建物は、現在の耐震基準を満たしておらず、大きな地震があった場合に倒壊、もしくは各所が破損する恐れがあります。

 

マンションの場合、共有部分である構造部分を勝手に工事することはできませんが、物件を選ぶ際の一つのポイントとして気にしてみた方が良いかもしれません。

 

次は、気にする方は以外と少ないのですが意外と大事な電気容量についてです。

 

古い住宅の多くは、住宅で契約をする電気容量(アンペア数)が少なく、主に集合住宅では建物全体の総量が決まっている関係で、各物件の契約容量も定められている場合があります。

 

エアコン、ドライヤー、電子レンジ等の、多くの電力を消費する電化製品を一度に使うと、容量が少ない場合、すぐにブレーカーが落ちてしまいます。

それが忙しい朝などに頻繁に起こるようでは困ってしまいますよね・・・。

 

本来は、契約電気容量を上げる(例:20A→30A等)ことが好ましいのですが、契約容量を増やすことが難しい物件もありますので、物件を決める前にその辺りの情報についても確認するようにしましょう。

 

 

現場経験のある“リフォーム会社”が直接手掛けるリノベーション物件なら安心!

リノベーション済み物件を購入する際、まずはネットで物件情報を得る方が多いと思いますが、大手に限らず、不動産会社を通じて販売されているリノベーション済み物件の多くは、下請けや第三者の建築業者によって改修工事が行われた物件がほとんどです。

 

前の目次でお伝えしたように、リノベーション済み物件は一度表面を直してしまうと配管や壁の内部といった目に見えない部分の状態を確認することはできませんし、

賃貸物件とは違いご自身の資産になりますので、物件の構造上の問題点や今後起こり得るリスクや現在の状況について正しい状態を知っておく必要があります。

 

その点において、不動産会社経由での購入の場合は改修工事をした業者の顔が見えず、技術面やクオリティ面に少し不安が残るかもしれませんが、

実際に工事をしたリノベーション会社(リフォーム会社、工務店)が直接販売するリノベーション済み物件は安心できる要素として大きいものがあります。

 

その理由として、工務店やリフォーム会社は数多くの現場経験から、中古物件を改修する際の注意点やよくある問題、それに対する対処法などを熟知しています。

 

もし物件を販売した後に明らかな確認不足や不備よる問題が発生しては、会社の信用問題になりかねませんし、何よりせっかく物件を購入してくださったお客様に迷惑が掛かってしまいます。

 

そのような事にならないよう、入居する方が安心・安全に生活ができるよう、目に見えない部分にも一層の注意を払って、「安心・安全な物件を提供できるように」と、より高い意識を持って自社で直接物件を販売している会社さんが多いことが挙げられます。

 

また、大手の不動産会社とは違って、工事やリフォーム、デザイン等の専門知識を持ったスタッフが担当として対応するケースが多く、

 

・「リノベーションを行った内容」や「建物の構造情報」、そして「施工前の状態」についてもより細かく確認することができる

・工事の専門知識があるので、何かあった際の相談~回答がスムーズ

 

といった点も、施工した会社が直接販売する物件を購入する際のメリットです。

 

また、担当者の応対から、会社の雰囲気や信頼性を伺い知る事ができるため、ご自身の資産となる物件を購入する際により安心できるのではないでしょうか。

まとめ

リノベーション済み物件を購入する場合は、より多くの情報を調べながら、ご自身が安心・満足できる物件を見つけられることが一番です。

それには “建物と工事に問題がないこと”が一番大事なポイントになりますので、物件を選ぶ際にぜひ今回ご紹介した内容を参考になさってください。

 

弊社では、リノベーション済み物件ご住居用・オフィス用・投資用として等、目的に応じたご購入に関するご相談も承っております。

ぜひ一度、お気軽にお問合せください!

安心・信頼・オシャレ!なリノベーション物件をお探しの方、イエスリフォームにお任せください!
株式会社イエスリフォーム

〒103-0005
東京都中央区日本橋久松町13-1

TEL:0120-616-016 FAX:03-6667-0782

関連記事

PAGE TOP